ミルクを作るための湯冷ましの作り方!保存はどうする?持ち運びは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤ちゃんのミルクは、

人肌になるまで冷まします。

時間がないとはゆっくり

冷ましている余裕もなくなりますよね。

そんな時は、ミルク用の湯冷ましを使えば

時間も短縮できます。

一体どんな容器がいいのか

また保存期間も気になります。

今回は、ミルク用の湯冷ましの容器や

保存期間、作り方などをご紹介します。

ミルク用の湯冷ましってどんな容器がいいの?保存はどれぐらい持つ?

湯冷ましについて調べてみると、

様々な意見があって悩みますよね。

○○がいい!という意見が多すぎて、

一体どれを選べばいいのか…。

ということで、

「使わない方がいい」容器について

ご紹介したいと思います。

・溶けやすい成分の容器

・沸騰消毒などがしにくい容器

この二つは避けるようにしましょう。

当てはまるものといえば、

ペットボトルなどでしょうか。

衛生面も心配ですし、ペットボトルは

熱湯に弱いので使わないようにしましょう。

〇おすすめの容器

耐熱ガラス哺乳瓶がおすすめです。

熱湯のまま保存できますし、

消毒も簡単にできます。

〇保存期間について

一般的には、ミルク用の湯冷ましの

保存期間は1日と言われています。

1日も経てば、水も腐りやすくなります。

できれば1日で使い切るようにしましょう。

ミルクのための湯冷ましの作り方!赤ちゃんに安全な湯冷ましを用意しよう!

それでは、湯冷ましの作り方をご紹介します。

  1. 水道水を沸騰させる(5~10分間)
  2. 火を止め、人肌(40度程)になるまで冷ます
  3. 湯冷ましの完成後、魔法瓶に入れて保存

この際、先ほどご紹介した通り

ペットボトルはやめておきましょう。

使い回すと菌が繁殖するので、

1日で使い切るか、作り直してください。

〇5~10分沸騰させる理由について

水道水には、塩素がたくさん含まれています。

塩素は赤ちゃんの身体によくありません

5~10分沸騰させることで、

塩素も抜けやすくなるので参考にして下さい。

まとめ

ミルク用の湯冷ましの容器や

保存期間、作り方などをご紹介しましたが、

いかがでしたか?

ミルク用の湯冷ましの容器は、

ペットボトルは避けて下さい。

ガラス瓶や、魔法瓶、哺乳瓶を

使うようにしてください。

また、保存期間は1日です。

保存期間を守って使ってくださいね。

塩素が抜けた水は腐りやすいので

覚えておきましょう。

ミルク用の湯冷ましを作る際は、

5~10分沸騰させて下さい。

ミルク用の湯冷ましについて知りたい方は、

是非参考にして下さいね!

シェアはこちらから!