子供のシャワー嫌いは克服できる?お風呂が楽になる3つのコツとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

我が子がシャワー嫌いだと、

毎日シャンプーをするのも一苦労ですよね。

どうしたらシャワー嫌いを

直せるんでしょうか?

洗い方や流し方で克服できるものなのか、

親としてはぜひ知っておきたいところ。

そこで今回は、

子供のシャワー嫌いを克服するには、

どんなコツがあるのかを紹介します。

子供にシャワーを掛ける時の注意点!頭からかけても問題なし?

子供はシャワーの水圧や温度、音などで怖がり、

嫌がってしまう場合があるんですよね。

特にいきなり頭からシャワーをかけられると、

ビックリしてしまう子もいるでしょう。

それに小さいお子さんは、

顔が濡れるのが嫌いです。

そこで、シャワー嫌いを克服させる、

まず1つ目のコツとしては、

顔にお湯がかからないようにすること

上を向かせた状態で、

頭にシャワーをかけていく、

という方法もありますが、

顔が真上を向いていないといけないので、

お子さんも疲れてしまうかもしれません。

そこでおすすめなのが、顔を下に向かせて、

濡れないように顔をタオルで

押さえていてもらうやり方

タオルで顔を覆い隠した状態で下を向き、

上からシャワーをかけていく方法ですね。

こうすれば顔が濡れてしまう心配もないし、

だんだんシャワーに慣れてきますよ!

ただしこの時使うのは

薄手のタオルが良いですね。

厚手だと逆に息苦しくなるので、

薄手のタオルで顔を軽く押さえる程度に

持たせるようにしましょう。

また、ベビーバスを卒業したぐらいの

まだ本当に小さいお子さんでしたら、

イスに座ったパパやママ膝の上に

仰向けにして寝かせ、

顔にお湯がかからないように

髪にシャワーを当てていくのもおすすめ。

美容院のようなやり方ですね。

お風呂にイスがない場合は、

あぐらをかいて座り、その上にお子さんを寝かせ

シャワーを頭にかけていくといいですよ。

慣れるまでは顔を極力濡らさないように

してあげるといいですね。

子供のシャンプーは手際が大事!正しい流し方とコツとは?

シャワー嫌いの子供はシャンプーするのを

すごく嫌がります。

でも、流し方などを工夫すれば

きっとお風呂嫌いが克服されますよ。

まずシャンプーをして洗い流すのは

極力手早くすること。

あまりシャンプータイムが長いと、

お子さんも疲れてくるし、

ずっと頭からお湯をかぶっているので

嫌になってしまうでしょう。

出来れば泡立てる必要のない、

泡タイプのシャンプー

使ってあげると良いですね。

シャンプーを泡立てていると

それだけ時間がかかってしまいますので。

あとはなるべく素早くシャンプーを

流してあげればOKですよ。

そして、子供のシャワー嫌いを克服させるには

シャワーの温度や水圧を調節すると良いです。

大人と違い子供の肌は繊細なので、

水圧が強いと痛さを感じてしまうかも。

もちろん温度も熱すぎると嫌がるので、

38℃前後の温度にしてあげるのが良いですね。

そうすればお子さんも、

シャワーをだんだん嫌がらなくなりますよ。

まとめ

子供がシャワーを嫌いな場合には

・なるべく顔を濡らさないようにすること

・シャンプータイムを素早くすること

・シャワーの温度や水圧を調節する

以上3点がコツです。

シャワーを頭に当てる時の体勢を工夫して、

シャンプーは泡タイプにすると良いですね。

また、シャワーは水圧を弱くして、

38℃前後の温度にしてあげると、

だんだんシャワー嫌いを克服できますよ!

シェアはこちらから!