危険!ドライヤーの吸い込み口に髪の毛が絡まった!対処法はこれ!

日用品

肌がキレイでも、メイクがキマッていても、

髪の毛がボサボサではすべてが台無し・・・。

というくらい髪の毛は大切!

 

キレイな髪を保つために根本的に大切なのは

毎日ちゃんと乾かすこと。これはもはや常識ですね!

 

そうなると、毎日使うことになる

ドライヤーも大切なものです。

 

しかし、長く使い続けると風量が弱くなったり、

髪が絡まってしまったり、故障かな?と思う

トラブルも付きものですよね。

 

そんな時の対処法をまとめてみました!

 

ドライヤーが故障?風量が弱いと感じたら試してみたいお掃除方法!

 

風量が弱くなってしまった時の原因は以下のとおり。

 

モーターが経年劣化してしまっている

ファンかモーターにほこりや汚れが溜まっている

 

このどちらかです。

 

風量が弱くなると、もう買い替え時かな~と思う人が

多いようですが、長年使っているわけではないならば、

実はファンやモーターをお掃除すれば、風量が

回復しちゃう場合があるんです!

 

ファン(通気口)は、一般的に

風が出るのとは逆の方にあります。

 

この金網の部分を、覗いてみてください!

意外とびっくりするくらいホコリが

溜まっていたりします。

 

ここは、取り外せるように

なっているものが一般的なので、

取り外してゴッソリお掃除しちゃいましょう。

 

もし取り外せないタイプなら、掃除機

吸い込むしかないですね。

 

Panasonicさんの製品なら、丁寧な

お手入れ方法を教えてくれているみたいですよ。

→ 『ドライヤーのお手入れ方法を教えてください。

 

モーター部分が、分解できる構造になっていれば

見てみてください。あまりムリに分解して、もとに

戻らなくなってしまっては元も子もないですから()

 

知ってて安心ライフハック!ドライヤーが壊れた時にはこれで代用!

 

たいていは、このようにお手入れしていれば

問題はないですが、たま~に、

髪の毛がファンに絡まってしまった!という経験を

したことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ちなみに私は何回も絡ませたことがあります()

おかげで、壊れてしまって何回も買い替えたことが・・・。

 

夜のお風呂後ならまだしも、朝風呂・朝シャン後の

突然のドライヤー故障はさすがに困りました。

 

そんな時は、夏なら扇風機

冬ならファンヒーターで代用しちゃいましょう!

 

もちろんスタイリングはムリですが、

髪が濡れたまま仕事に行くよりはマシです()

 

本当は髪に良くはないけれど、ひたすらタオルドライして、

一生懸命絞ったうえで扇風機or

ヒーターの前にGO!です。

 

結構みんな、そうしているみたいですよ。↓

Yahoo! 知恵袋:『ドライヤーなしで髪を乾かす方法を教えてください!』

 

ドライヤーの『お手入れは定期的に』&『髪に近づけすぎない』がオススメ

 

とはいえ、そもそもあまり意識したことがなかったけれど、

意識が高い系の女子は、ドライヤーも定期的に

お掃除するのが主流なようです。

 

そうすれば、風量が弱くなったり

壊れたりする心配もないですね。

 

また、髪が絡まる要因はぼーっと雑に髪を

乾かしているからだと経験者の私は思うのです。

 

これまた意識高い系女子は、

きっとそんなことはないのでしょう。

 

髪の毛を乾かす時だって、気を抜いちゃいけません!

 

絡まって壊れてしまうことがないように、

髪とドライヤーを大切に扱いながら

髪の毛を乾かすことが、トラブル回避の

一番の近道ではないでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました