新米って柔かいから炊き方に注意が必要!水加減は多め?少なめ?

 

新米はとにかく美味しくて、

ツヤツヤでついつい食べ過ぎちゃいます♪

 

 

私はお米が大好きなので、

毎年新米の季節はウキウキです!

 

 

新米はお米の中でも柔らかく、

美味しく炊くためにはコツが必要です。

 

 

そしてお米を炊く際は、

水加減が重要です。

 

 

今回は、

新米を炊く際の水加減美味しい炊き方、

新米の特徴をご紹介します♪

 

目次

新米は水を多めで炊くとどうなるの?水加減の注意って?

 

新米は古米よりも吸水力が高いです。

 

 

そのため、水を多めで炊くと

美味しさが半減してしまうんです。

 

 

しかし、それは昔の話で、

現在は「お米の種類」によって

水加減を調節するといいんですよ。

 

 

後は実際に試してみて、

自分の好みと合うかどうか…です。

 

 

確かに、最近では

様々な品種のお米が増えました。

 

 

例えば花なんかもそうですが、

全て育て方や手間のかけ方が

異なってきます。

 

 

これはお米にも言えることで、

「新米」というくくりにするのではなく、

「新米の品種によって」、

水加減を調節するのがベストです。

 

新米は水を少なめにするの?新米の特徴と美味しい炊き方!

 

上記では「新米の品種によって」水加減を

調節するといい、と書きましたが、

基本的には新米の水は

「少なめ」がいいとされています。

 

 

しかし、お米を美味しく食べるためには

水加減よりも、浸水時間

ポイントとなります。

 

 

美味しく食べるための浸水時間は、

最近の新米の品種であれば30分ほど。

水加減は2~3%少なめでいいそうです。

 

 

というのも、新米は新鮮なので

お米がみずみずしいのが特徴です。

 

 

そのため、水加減は基準より2~3%少なめ

にすると、美味しく炊けます♪

 

 

新米の美味しい炊き方のポイント!

 

  • いつも通りお米を研ぐ
  • お米を研ぎおわったら、約30分浸水
  • 浸水後お米をザルにあげ、水分をよく切る
  • 水は通常より2~3%少なめに入れ、スイッチON!
  • ご飯が炊きあがったら、軽くほぐして完成♪

 

 

 

浸水、水切り、水加減をいつもの作業に

プラスするだけなので、とても簡単ですね♪

 

 

新米を炊くときは、

是非参考にしてみてください!

 

まとめ

 

新米は水加減のほかに

浸水時間がポイントとなります。

 

 

水加減は2~3%少なめに、

浸水時間は30分ほどがおすすめです♪

 

 

また、新米の品種によっても

水加減が異なるので、

購入した品種について調べてみると、

より美味しい炊き方を見つけられるでしょう。

 

 

それでは、新米の美味しさを

存分に味わってください♪

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる