結婚式に行くのにふくさがない!買わなきゃダメ?ふくさのマナー!

 

ふくさお香典を入れる時に

使うイメージですが、実は結婚式の

ご祝儀を持って行く際にも必要

なんですよ。

 

 

でも多くの人は、祝儀袋を

ふくさに入れずに、バッグや

胸ポケットに入れて持って行くでしょう。

 

 

そこで今回は、結婚式に行くのに

ふくさがない時は買った方がいいのか、

正しいマナーについて解説します。

 

目次

結婚式に使えるふくさは何色か知ってる?きちんとしたマナーを知ろう!

 

基本的に結婚式で使われるふくさの色は、

赤、オレンジ、ピンク、えんじ色など、

比較的明るくて華やかな色が好まれます。

 

 

ただし、紫色のふくさでしたら、

葬儀にも結婚式にも両方使えるんですよ。

 

 

でも、薄紫色のふくさは、

結婚式の時にしか使えないので要注意。

 

 

反対に弔事用のふくさは、

濃い緑やグレー、紺色です。

 

 

ということは、

紫色のふくさを一つ持っておけば

お香典を入れるのにも、

ご祝儀を入れるのにも使えて便利ですね!

 

 

ちなみに、ふくさの柄は

無地のものを選んでおくのが無難。

 

 

結婚式用として使うのであれば、

松竹梅亀甲模様など、

おめでたい柄が入っていてもOKです。

 

 

弔事用のふくさだと、

しま模様格子柄

市松模様が入っています。

 

 

これを結婚式に持って行かないように

くれぐれもご注意を。

 

 

結婚式に参加するならふくさを用意しておこう!男性だって持つのがマナー!

 

筆者もそうなんですが、

結婚式に出席する時、

ふくさが必要って知らなかったです…。

 

 

でも確かに、ふくさに入れて

ご祝儀をお渡しした方が、

とても丁寧に見えますね。

 

 

大人のマナーとして、男性も女性も、

冠婚葬祭に使うふくさを

1つ持っておくと良いですよ。

 

 

もちろん、弔事用と慶事用の

2種類を買っておいても良いし、

兼用の紫ふくさでもOK!

 

 

やっぱりふくさがないと、

祝儀袋が折れてしまったり、

汚れてしまう場合もあります。

 

 

でも、もしもふくさがない場合は

「キレイなハンカチで包んで持って行く」

というのもアリでしょう。

 

 

ただし、目上の人の結婚式の場合は、

ハンカチでご祝儀を包むのは

やめておいた方が良いですね。

 

 

親しい友人やいとこの結婚式ならまだしも、

目上の人の結婚式だと、

「マナーがなっていない!」

と思われてしまうこともあるので、

気を付けてくださいね。

 

 

ちなみに、祝儀袋の表書きや

ふくさに入れる時の包み方などは、

こちら を参考にしてみると良いですよ。

 

 

まとめ

 

結婚式の時も、ふくさは

あった方が良いことが分かりました。

 

 

お祝いの席で使えるふくさは、

赤やオレンジなど、

明るい色や薄紫や紫色です。

 

 

特に紫色はお香典を入れるのにも使える、

便利な兼用のふくさなんですね。

 

 

まだ持ってないようでしたら、

ぜひこれを機に、ふくさを

しっかり用意しておきましょう。

 

 

結婚式に参加させてもらう際、他にも

色々なマナーが気になるところです。

 

初めての参加だと、尚更ですよね。

 

招待状の返信も、

”出席する場合” と ”欠席する場合” で、

返信の仕方が違うの、ご存知でしょうか?

(筆者も初めは知りませんでした!)

 

その辺りのマナーを、

別記事として詳しくまとめました。

ぜひ読んでみて下さいね!

→ 『結婚式の招待状が届いた!返信のマナーは?日付ってどうするの!?

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる