知らないと恥をかく?お中元を義理両親に贈る時のマナーとは?

 

毎年夏が近づく頃になると、デパートで

大きく張り出される「お中元」の文字。

 

毎年、何を贈ろうかなぁって頭を悩ます

のも疲れちゃいますよね。

中には、考えるのが面倒だから毎年同じ

ものを贈る!という方もいると思います。

実は、私もその一人です(笑)

 

でも、ふとお中元が毎年同じものって

もしかして失礼なのかも!?

と不安になってきてしまいました……

しかも、義理の両親に送るお中元となると

余計にマナーが気になりますよね(>_<)

 

そんなわけで今回は、毎年同じものを贈る

のはアリなのかも含めて、お中元のマナー

について、いろいろと調べてみました!

同じ不安を抱えている方は必見ですよ☆

 

目次

お中元の贈り物!義理両親に毎年同じものを選んでしまうのはアリ?

 

義実家に毎年同じお中元を贈っている私。

これが失礼になっていないか急に不安に

なってきました……。

 

そこで、まず調べてみたのが、そもそも

お中元って何なのかということ。

実は、周りの習慣に合わせて贈っている

だけで、お中元って何のために贈るもの

なのかよくわかっていなかったんです。

 

お中元はズバリ、お世話になっている人

への感謝を表す贈り物

お歳暮も同じですが、お中元は夏までの

半年間、お歳暮はその年1年間の感謝と

いうことなんですね。

 

感謝の気持ち……ということは毎年同じ

ものかどうかより、相手が喜んでくれて

いるかどうかのほうが重要。

つまり、相手が喜んでいるなら、毎年同じ

お中元でも失礼には当たらないんです!

これを知って私もホッとしました(^^)

 

一番は相手の気持ち。

最初に贈ったものが喜ばれているかどうか

義理の両親だと聞きづらいでしょうから

夫に確認してもらうのもアリですね☆

 

毎年恒例!お中元を義理両親に贈る際に同じものを選ぶメリットとは?

 

ここまで調べてきて、毎年同じお中元を

贈るのはアリだとわかりました。

それどころか、周りの声を聞いてみると、

次のようなメリットもあったんです!

 

メリット1 予想して行動できる

 

私なんかもそうなんですが、お中元の時期に

なると、「毎年○○さんは油を贈ってくれる

から、少なくなってきたけど今買わなくても

大丈夫かな」など、もらう側はお中元の内容

に合わせて買い物できるんですよね。

 

これは毎年同じものだから予想・行動できる

のであって、毎年違うものになってしまうと、

逆に困っちゃいます。

 

メリット2 値段の想像がつく

 

義理の両親の場合、お中元を贈り合うか

御礼の品をいただくというパターンが

多いですよね。

 

お中元を贈るにしても、御礼の品を買うに

しても、毎年同じ品物なら値段を想像して

だいたい同じくらいの額のものを用意する

ことができます。

 

これも、お中元をもらう相手にとっては

メリットと言えるでしょう。

 

メリット3 考える手間が省ける

 

これは贈る側の最大のメリット!

毎年贈るものを決めておけば、「今年の

お中元はどうしよう?」と考える手間が

省けるんです!!!

 

また、こちらが毎年同じお中元を贈ると、

だいたい相手も毎年同じものを贈ってくる

ことが多いので、お互いにとってメリット

になりますね(^^)

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

毎年お中元に同じものを贈るのは失礼

どころか、いろんなメリットがある

いうことまでわかりました!

 

やっぱり大事なのは相手の気持ち。

義理の両親に最初にお中元を贈るときは、

相手の好みや必要としているもの、逆に

いらなそうなものなど、夫からリサーチ

して、喜んでもらえるものを選ぶように

しましょう。

 

それで相手が喜んでくれているなら、

毎年恒例のお中元として定着します!

 

相手の気持ちをふまえつつ、こちらの考える

手間も省きつつ……上手に「お中元」という

習慣と付き合っていけたらいいですね(^^)

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる