日傘は白だと意味ないって本当!?本当に紫外線を防ぐ日傘とは!?

 

日傘は色によっては

紫外線対策の意味がないって、

果たして本当なんでしょうか?

 

 

特に白い日傘は効果がないと聞きますが

実際、白い日傘って結構見かけますよね。

 

 

そこで今回は、日焼けを

したくない人のために、

日傘は白いと意味が無いのか

真相を調べて参りました!

 

 

目次

日傘の内側がシルバーになってる物はどう?色別の紫外線を防ぐ効果!

 

日傘で最も紫外線対策の

効果が高いのはズバリ

 

 

黒は日光を吸収してしまいますが、

やっぱり一番、紫外線を

通さない色なんですよね。

 

 

内側も黒い日傘の場合には、

地面からの照り返しも吸収してくれるので、

更に日焼けから肌を守れるでしょう。

 

 

もちろん白い日傘であっても、

UVカット率が高いものでしたら、

十分な紫外線対策効果が得られますよ。

 

 

おすすめなのは黒ですが、何より

UVカット率が高いものを選ぶことが重要

 

 

ちなみに、内側が白や

シルバーになっている日傘は、

確かに見た目はオシャレなんですが、

地面からの照り返しを

集めてしまうんですよね…。

 

 

つまり、上からの防御はできても、

下からの防御がないのが欠点です。

 

 

ということで、筆者のおすすめとしては、

UVカット率が90%以上であること!

 

 

UVカット率が高いなら、

比較的どんな色でも、

紫外線対策として意味を成しますよ。

 

 

また、外側はどんな色でもOKですが、

内側はなるべく黒が望ましいですね!

 

 

照り返しも吸収でき

下からの防御もバッチリです。

 

 

ただし、絶対に日焼けしたくないのなら、

日傘だけじゃなく、日焼け止めや

アームカバー、ネックカバー、

サングラスなども使って、

完全装備でお出かけしましょう。

 

 

特に5月頃からは紫外線が特に強いので、

十分に対策をすると良いですよ。

 

 

日傘でシルバーのものは迷惑!?自分はいいけど周りの人がまぶしい!

 

外側が白やシルバーの日傘って、

上からのUVカットだけでなく、

直射日光を跳ね返すため、暑さ対策

とっても効果的なんですよね。

 

 

傘の中は、涼しく感じますよ。

 

 

ただし、日傘をさしている本人は

いいとしても、シルバーの日傘は

思っている以上に周囲の人が

まぶしく感じてしまうんです!

 

 

特に屋外でスポーツ観戦時や、

テーマパークで並んでいる時など、

人が密集する場所では、

このタイプの日傘は

特に迷惑になるでしょう。

 

 

確かに見た目はオシャレですが、

周囲の人たちが反射した光で

まぶしくなってしまいます。

 

 

なるべく外側がシルバーの日傘は、

人が多い場所では

使わないようするのが無難です。

 

 

特にスポーツ観戦中は、選手がまぶしくなり

試合に集中できなくなるため、

日傘だけでなく、キラキラとした光を

反射する装飾の服や、シルバーの

アクセサリーもNGの場合があります。

 

 

日傘を使う際には周囲に配慮し、

迷惑にならないようにしましょう。

 

 

まとめ

 

日傘は白であっても、

UVカット率が高ければ

紫外線対策効果はもちろんあります。

 

 

大事なポイントは、色ではなく

UVカット率だったんですね。

 

 

しかも外側が白やシルバーだと、

日光を反射するため涼しく感じます。

 

 

しかし、最も紫外線対策にいいのは

黒の日傘

 

 

特に内側が黒いと照り返しを

吸収するのでおすすめですよ。

 

 

内側が黒でも外側がシルバーや白の日傘は、

周囲の人がまぶしくなってしまうため、

なるべく人が密集する場所では

使わないようにしましょう。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる