お盆の海水浴にまつわる言い伝え!海には危険がいっぱいって本当!?

 

「お盆に海水浴に行くのはダメ!」

と怒る人がいますが、

その理由が一体何でしょう?

 

 

よく行く海だとしても、

お盆の時期は行くのを禁止されるなんて、

理由がよくわかりませんよね。

 

 

そこで今回は、

「お盆に海に行ってはいけない」という

言い伝えの意味とその真相を解明して

いきます!

 

目次

お盆に海水浴に行くと引っ張られる!?こんな言い伝え知ってる?

 

お盆って仏様とか亡くなった人が、

お家に帰ってくる時期、

というのはご存じですよね。

 

 

この時期に海水浴をしてしまうと、

「幽霊に足を引っ張られて溺れてしまう」

という言い伝えがあるんですよ!

 

 

海で亡くなった人はお盆になると、

泳いで海から陸へ帰ってきて、

またあの世へ戻る時に海の中に入っていく

というように言われているんですね。

 

 

この時、「海水浴をしている人がいると

その人の足を引っ張って、一緒にあの世へ

連れていってしまうかもしれないから、

海に行くのはやめなさい」

子供たちに注意するようになりました。

 

 

確かに怪談話とかでもよく、

夏に海で足を引っ張られたとか、

足にお化けが絡みついていたなんて

話を聞いたりしますね…。

 

 

ということは、

本当にお盆に海水浴をすると、

幽霊にあの世へ連れて

いかれちゃうんでしょうか?

 

お盆の海水浴は怖い!お盆の海に入っちゃダメな理由とは!?

 

お盆に海水浴をすると

幽霊に足を引っ張られる、

というのはあくまでも迷信

 

 

つまり、言うことを聞かない子供に

注意するため、怖いことを

言っているんですね。

 

 

でも、お盆の海が危険なのは本当です!

 

 

お盆の時期はいきなり波が高くなったり

海水の流れが速くなったりして、

とっても泳ぎにくく、最悪の場合、

おぼれてしまうこともあるんですよ!

 

 

高波におぼれると、それこそ誰かに

足を引っ張られたようになり

とても危険なんです。

 

 

また、お盆のある8月は、

海にクラゲが大量に

やってくることがあります。

 

 

クラゲに刺されたら痛いし危ないので、

海水浴はしない方がいいんですよね。

 

 

これらの海の危険から

子供たちを守るため、幽霊が出る、

という言い伝えが出来たのでしょう。

 

 

せっかくの楽しい夏休みに、

海でおぼれかけたり、クラゲに刺されて

痛い思いをしたくないですよね!

 

 

無事に元気よく夏休みを過ごすためにも、

お父さんお母さん、

おじいちゃんおばあちゃんの

言うことはよく聞いて、危ない場所には

絶対に近寄らないようにしましょう。

 

 

もちろんお盆でなくても、

海水浴をする時はしっかりと

気を付けて遊んでくださいね。

 

まとめ

 

お盆に海水浴をすると

幽霊に足を引っ張られる、

という言い伝えは、

夏の海がとっても危険だから

作られたものなんです。

 

 

お盆の時期は特に、波が高くなったり、

クラゲやたくさんいたりして、

とっても危険で怖いんですよ。

 

 

お盆には、できるだけ

海に近寄らないようにして、

安全に過ごしましょう。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる