舞茸の正しい保存の仕方とは?常温はNGなの?

 

秋になると、キノコが美味しい時期に

なりますよね~♪

 

 

私は特に、舞茸が大好きです!

 

 

色々な料理にも使えるので、

とても便利な食材ですよね。

 

 

しかし、舞茸を冷凍保存すると

なぜか臭いませんか?

 

 

あの臭いは一体何なのでしょうか?

 

 

正しい保存方法があるのなら、

知りたいですよね。

 

 

今回は、舞茸の冷凍保存や

正しい保存方法についてご紹介します。

 

 

また、美味しく保存するコツも調べたので

ぜひご覧ください!

 

目次

舞茸を冷凍したらなぜか臭い・・・正しい方法はなに?

 

舞茸を冷凍した時のあの臭いは、

冷凍の仕方が悪い時に発生します。

 

 

確かに、他の食材でも保存方法が悪いと

臭くなることがありますよね。

 

 

臭いを発生させないためには…

 

・舞茸を水に濡らさない

(水分や湿気に弱いため)

 

・水がついたらキッチンペーパーで拭く

 

・保存する時は、空気を抜いて入れる

 

急速冷凍する

 

この4つを意識してみて下さい。

 

 

フリーザーパックに入れる時に

空気が入ってしまうと、

酸化が進んでしまいます。

 

 

ですので、必ず密閉状態にし

急速冷凍することによって、

臭いや苦味を抑えることが出来ます。

 

 

少しの工夫で、臭いも防げます。

舞茸だけではなく、他のきのこ類も同じなので

参考にしてみて下さい♪

 

 

〇舞茸の保存期間について

 

冷凍した舞茸の場合は、

約1か月です。

 

 

冷蔵保存の場合には約1週間なので、

冷凍保存したほうが長持ちするのですね。

 

 

ちなみに、常温保存はNGですよ!

 

 

舞茸の冷凍保存はまずい!?美味しく保存するコツとは?

 

舞茸の冷凍保存は、

むしろ良いものとされており、

こうすることで

うまみ成分が凝縮されるんです!

 

 

また、美味しく食べるコツは、

その解凍方法にあります。

 

 

舞茸は、レンジ解凍や自然解凍をすると

水分が流失してしまうため、

食感が悪くなります。

 

 

ですので料理に使う時は、

凍ったまま使いましょう。

 

 

ゆっくりと火を通すことによって、

うま味成分が更に増しますよ!

 

 

冷凍した舞茸は、鍋やスープ、

フライパンに直接使ってみて下さい。

 

まとめ

 

舞茸の冷凍保存や正しい保存方法について

ご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

 

舞茸は、正しく冷凍保存することで

臭いもなくなります。

 

 

臭いがする方は、もう一度保存方法を

見直してみましょう!

 

 

また、舞茸を美味しく食べるコツは、

その解凍方法にあることがわかりました。

 

 

冷凍されたまま使う

美味しく食べられるので

是非試してみて下さい!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる