キャンプを通じて「学校では学べない体験」をしよう!

アウトドアと言えば「キャンプ」!

最近ではキャンプ道具も色々と出てますね。
お洒落なグッズや便利グッズ。
キャンプサイトでも家かな?と思うくらい食器や棚などが揃っているところも見かけるようになりました。

そう言うキャンプも良いとは思いますが、自分の場合その ”逆” と言うか、ある程度は不便さを楽しめるキャンプを心掛けています。
子供達に ”普段とは違う経験” をさせてあげたいからです。

ただ単に不便だけでは子供達もキャンプに行きたがらなくなりますので、できるかぎり子供達にやらせてあげて楽しむようにしています。

たとえば、焚き火での「火起こし」や「火の番」もお願いします。
もちろん近くで見守りながら、です。
焚き火を通じて火の危険さや、どう言う時に火は燃え広がるのか、などが学べます。

学校でも ”火の危険さ” については教えてもらえるでしょうが、実践を交え楽しみながらやる『キャンプ』での体験の方がやはり身につくでしょう。

目次

季節によって異なる経験が出来る

夏場は「川遊び」も体験します。
川のどんな所に生き物が隠れているか、小さな生き物の命の大切さも伝えて行きます。

夏場は川や海と水あそびが出来るので楽しいのですが、中には虫が苦手でキャンプに踏み切れないと聞く事もよく耳にします。
そんな虫の苦手な方は ”秋や春のキャンプ” はいかがでしょうか?
夏のキャンプよりはるかに虫は少ないです。
それに過ごしやすい。
キャンプ場はだいたい山の中になるので朝晩はかなり冷え込む時期ですが 先ほどの焚き火も体験できますし、春、秋のキャンプは本当におすすめです。

夏場は遊びが多彩ですが テント泊の場合 暑くて寝苦しかったり、朝は暑くて目が覚めたりします。
そのせいか、夏場のキャンプは疲労を感じます
夏場にテント泊する方は「キャンプサイト」を十分調べると良いでしょう。

松木林や木が生い茂ってる中でテントを張れる事が可能な所が良いです。
日陰があるかないかで随分変わってきます。
日影の全くないキャンプサイトが多々あります。
夏場は極力避けましょう。

普通では味わえない ”冬キャンプ” の魅力

あと夏とは真逆で ”冬キャンプ” も楽しめます。
上級者のキャンパーの方は、雪が積もる中でのキャンプをされてる方もおられます。
さすがにそこまではオススメしませんが 雪のない冬キャンプもその時期ならではの楽しみ方もあります。

冬場は、なんといっても星が綺麗です!
満点の星空の下で焚き火しながら、皆で鍋を楽しむ。
最高ですよ!

キャンプサイトにはAC電源を使えるサイトがあるので、冬場のテント泊の場合はホットカーペットを持って行くのもいいでしょう。
我が家では、冬場のキャンプはAC電源から延長コードをつないで、テント内にホットカーペット引いて寝ています。
寒くて寝れない!ってことは一度もないです。

色々工夫すればキャンプは一年中楽しめます。
是非お子さん達に、学校では教えてもらえない授業をしてあげてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる