年賀はがきのお年玉くじが期限切れ!?もう交換は無理なの?

 

年賀はがきのお年玉くじって、

当たるかどうか楽しみにしている人も

多いですよね。

 

でもうっかり、商品の交換期限が

過ぎてしまうこともしばしば。

 

もう期限が過ぎたら、

当たっていたとしても

交換はしてもらえないんでしょうか?

 

今回は、年賀はがきのお年玉くじは、

期限切れでも交換できるのかを紹介します。

 

目次

年賀はがきのお年玉くじ!そもそも当選する確率ってどれぐらい?

 

まず、気になる交換期間ですが、

年賀はがきのお年玉くじは、

抽選日から6ヶ月と2日後までが期限。

 

来年の2019年なら、

抽選日は120()なので、

引き換え期間は

121()722()までです。

 

引き換え期間はおよそ半年と

かなり長期ですが、ここまで長いと、

たとえ当選していたとしても、

交換を忘れてしまいそうなんですよね…。

 

ちなみにもし1日でも

期限切れになってしまうと、

当選商品とは引き換え不可になるので

十分に注意しましょう。

 

ところで、年賀はがきのお年玉くじって、

どのくらいの確率で当たるのか

気になりますよね。

 

一等のギフト券または現金数10万円だと、

当選確率は100万枚に1枚」という

かなりの低さ…。

 

確かに、年末ジャンボ宝くじよりは

当たる確率が高いですが、

それでも当選する気がしません。

 

でも、お年玉くじに当たってしまうと、

その年の運を全て使い切ってしまったようで

気の持ちようとしては逆に、一等は

外れたほうが良いのかもしれないですね()

 

二等はふるさと小包などが当選商品で、

確率は「1万枚に1枚」

三等はお年玉切手シートで、

100枚に3枚」

当たります。

 

狙い目は三等ですね。

 

くれぐれも交換期限を

忘れないようにしましょう。

 

お年玉くじ付きの年賀はがきの

詳細に関しては、こちらのサイト

チェックしておくと良いですよ。

 

当選はがきと一緒に古い年賀はがきの交換もやっちゃおう!

 

年賀はがきのお年玉くじが当選していたら、

忘れないうちに郵便局へ行って、

商品や賞金と交換してもらいましょう。

 

先ほども説明しましたが、

1日でも交換期限を過ぎてしまうと、

たとえ当選していたとしても

交換できないのでご注意を。

 

そして、当選はがきを交換する際は、

未使用の年賀はがきがあったら、

一緒に郵便局に持って行きましょう。

 

余った年賀はがきや何年か前の

古い年賀はがきは、未使用であれば

郵便局の窓口で手数料を支払って、

新しい切手や郵便はがき、レターパック封筒

などと交換できるんですよ!

 

意外と知らない人も多いので、

これを機に、1度も投函されていない

未使用の年賀はがきを、

郵便局に持って行きましょう!

 

交換の際に必要になる手数料に関しては、

こちらのサイトを参考にしてみてください。

 

まとめ

 

年賀はがきのお年玉くじは、

抽選日の翌日から約半年間

当選商品との交換期限でしたね。

 

これを1日でも過ぎると、

当選していても交換できなくなるので

気を付けましょう。

 

ちなみに一等は100万枚に1枚」

という低確率なので、

当たったらものすごくラッキーですね!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる