卒業証書の筒を処分するのはあり?意外とかさばる卒業証書の行く末!

入学式・卒業式

 

学校を卒業した時にもらえる卒業証書の筒

って、かなり邪魔になっていませんか?

 

中の卒業証書はとっておくとしても、

筒は正直いらないので、

処分してしまって大丈夫だと思います。

 

でも気になるのが処分の仕方…。

 

普通ゴミとして捨ててOKなんでしょうか?

 

今回は、何気に困る卒業証書の筒の処分方法

を紹介します。

 

スポンサーリンク

卒業証書の筒って邪魔じゃない?意外とかさばる卒業証書の筒は捨てちゃう?

 

卒業証書を丸めて入れておくあの筒って、

開けるとポンと音がして楽しいですが、

意外と保管場所に困るんですよね。

 

我が家でもそうなんですが、

きっと多くの家では、卒業証書の筒は

和室の天袋にとりあえず置いておいて、

ホコリが被った状態に

なっているんじゃないでしょうか?

 

そう、卒業証書の筒って意外と邪魔だし、

特に他の使い道もないし、

大切に持っておく必要性がないんです。

 

卒業証書そのものは、名前や学校名など、

個人情報が書いてあるし、

一応証明書ということなので、

ファイルに入れて保管するのがベスト。

 

もしくは、1本だけ筒を残しておいて、

卒業証書をまとめてその中に

入れておくのもおすすめです。

 

中身が空になった筒は、この際だから

思い切って捨てましょう

 

筒がないだけでも、かなりスッキリしますよ!

 

卒業証書の筒の捨て方は?分別の方法は自治体によって違いがあるので注意!

 

さて、問題なのが卒業証書の筒の捨て方

 

一見、厚紙っぽい素材でできているから、

普通に可燃ゴミで捨ててもよさそうですよね。

 

でも、ゴミの捨て方は自治体によって

異なるので、まずは住んでいる地域の

ゴミ分別ルールをチェックしましょう。

 

ただの紙類なら燃えるゴミになりますが、

筒のような硬いものだと、小さく切断して

から処分しないといけない場合もあります。

 

また、フタの底に金属が使われている場合

もあるので、その部分だけ不燃ゴミにして、

あとは燃えるゴミというケースもあります。

 

まずは分別方法を要チェックですね!

 

もし筒自体にも学校名が書かれているの

でしたら、カッターなどで文字を削って、

読めないようにしてから処分すると安心。

 

卒業証書の筒って、処分するイメージが

なかったんですが、断捨離にもなるので、

ぜひ処分を検討してみてください。

 

まとめ

 

卒業証書の筒は、そのまま持っていても、

天袋や押し入れ、クローゼットの中で

ほこりをかぶっているだけなので、

卒業証書を抜いて処分しましょう。

 

中の卒業証書はまとめて

ファイリングしておくといいかも!

 

卒業証書の筒を処分する時は、

住んでいる自治体のゴミ分別ルール

従って捨てましょう。

 

文字が刻まれている場合は、

削ってから捨てると安心ですよ!

 

タイトルとURLをコピーしました