日焼け止めの代わりって何がある?日焼け止めを使わない紫外線対策!

日差しが更に強くなる季節。

 

外に出る時、日焼け止めは欠かせませんが、
どうしても日焼け止めが肌に合わない方はいませんか。

 

私も肌が弱い方なので、自分に合わない
日焼け止めを使用して、日焼け以上に
肌を痛めてしまった経験があります。

 

また、日焼け止めのにおいが独特
苦手な方も多いようです。

 

今回は、そんな日焼け止めの代わりになる、
意外なものを紹介させていただきます。

 

目次

日焼け止めの代用品って何がある?肌が弱い人にも使える代わりの物って!?

 

日焼け止めの代用品として、身近なものは、
さまざまなオイルがあります。

 

オイルを塗ることで、
日焼けを抑える事が出来るのです。

 

植物性のオイルは食用でも使えるものもあり、
お肌にも安心ですよね。

 

もっとも効果があると言われているものは、
”ラズベリーシードオイル” です。

 

このオイルは、日焼け止めにも引けをとらない
日焼け止めの効果があると言われています。

 

そのほかにも、ココナッツオイル
シアバターも効果的です。

 

使い方は、化粧水や乳液のようにしっかり、
肌に馴染ませるようにマッサージしながら
塗り込めばOKです。

 

普段の化粧と同じように使えて、
お肌にも優しいのはありがたいことです。

 

日焼け止めが苦手な人も意外と多かった!日焼け止めを使わない対処法!

 

日焼け止めが苦手な人って意外と多いです。

 

日焼け止めを使わない場合の対処法としては、
帽子やサングラスなど身に着けるものに
気を使うことも大切ですが、
化粧下地やファンデーションを
UV効果の高いものに変えるのもよいでしょう。

 

そうすることで、日焼け止めを使わなくても、
肌を守ることが出来ます。

 

また、飲むことで日焼け止めの
効果があると言われているのが、
ビタミンCのサプリメントです。

 

飲むことによって、日焼け後の対策を行うことが出来ます。

 

しかし、サプリメントを飲んだからと言って、
まったく日焼け対策を行わなくてもよいと
いうものではありません。

 

UV効果の高い化粧品を使用し、
サングラスや帽子などで保護しつつ、
サプリメントを飲んでケアを行うというように、
いくつもの対策を組み合わせて行うことが
大切です。

 

まとめ

 

日焼け止めが苦手な方でも、
日焼けの対策はいくつかあるかと思います。

 

日焼け止めを塗って自分の肌が
ダメージを受けてしまっては、
どうしようもないですよね。

 

日焼け止めの対策を組み合わせて、
自分に合った日焼け止め対策を行い、
夏を乗りきましょう。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる