会社で長期休暇を申請したい!その場合の給料ってどうなるの?

 

「会社を休む」=「仕事を休む」・・。

 

そうなると、お給料をもらえるのかどうか・・・?

 

中には、

お給料をもらってもいいのだろうか・・・?

と、まじめに考えてしまう人もいるほどです。

 

この記事では、

・円滑に長期休暇をもらうための「理由」

・アルバイトでも長期休暇は可能?

・どんな雇用形態でも使える万能な理由

など、一挙に説明してまいります!

 

会社を休んでも給料が貰える、ってホント!?

 

まず、当然、気になる給料ですが・・。

 

私自身が会社を病気(入院あわせて)2週間休んだ場合ですが、

社会保険から、会社の給料の約80%が支給されました。

 

それに加え、『傷病手当』として、

治療にかかった費用も80%ほどもらうことができました

(いい社会保険だなぁと思いました。)

 

給料については、各会社によって

結構違いがあるんじゃないかと思います。

 

上司に話したら「給料は出ない」とのことでしたし、

社会保険のほうの案内もされませんでした。

 

ほとんどの会社では、『休職制度』があるはずなので、

ご自身の会社に確認してみましょう。

 

目次

会社を一週間休みたい!どんな理由なら一週間休めるのか?

 

有給休暇を使用する場合であれば、

 

・一身上の都合により

・家庭の事情により

・「空白」

 

での提出で、ほとんどが受理されます。

 

面と向かって理由を聞かれた場合は、

「有給を消化したい」などでもいいでしょうし、

特に隠す必要がない理由であれば、

堂々と説明すればOKです。

有給休暇の使用は、なにも後ろめたさを

 感じる必要はありません。

 

とにかく一週間休みたい!(有給休暇がない場合)

 

この場合の理由ですが、

やはり一番手っ取り早いのは、『仮病』デス。

 

今は労働基準法もうるさくなっていますので、

特に精神的な不調は効果があるようです。

 

精神的不調を訴えるうえでは、

「偏頭痛」「眩暈(めまい)」というワードは

効果的ではあります。

 

(仮病をおすすめするわけではございませんが、

「以前から不調気味で・・」というのも

効果はあると言えるでしょう)

 

実家が遠くの人であれば、

「実家の身内が・・(仮病)」

これも多く使われて、

認めてもらえる実績がある「理由」と言えます。

 

こちらの場合、基本的には実際に

実家の近くに帰ったほうが賢明な判断でしょう。

 

万が一にも「手当」が出るようなことになれば、

それを受け取ると詐欺罪になってしまう可能性

あります。

 

なので、身内の冠婚葬祭を理由にするの

はおすすめできません。

 

「手当」が支給される可能性が高いのと、

ウソがバレる危険性もあります。

 

バイトでの長期休暇はあり?どんな人でも使える理由はコレ!

 

バイトでの長期休暇は基本的にはアリです。

 

ただし、あまりにも長くなる場合は、

退職も視野にいれておいてもいいでしょう。

 

ポイントとしては、

 

・シフトの穴埋め要因をなるべく自分で見つける

・休暇期間がわかり次第、早急に報告する

 

この2つは最低限守っておきたいところです。

 

休暇をとる理由は、

やはり、「仮病」「帰省」が圧倒的に強いです。

 

アルバイトでも有給休暇はあるので

それを利用するのももちろんOKです。

 

まとめ

 

長期休暇を取る場合、迷惑をかける相手には

お礼やお詫びをするのはもちろんです。

 

ですが、それ以前から、休暇を申請しやすい状況を

作っておくことも大切です。

遅刻や勤務態度、コミュニケーションには

気を使っておいて損はないという事です。

 

普段から、来る長期休暇に向けての準備があれば、

その分、言い訳も通りやすくなります。

 

働きすぎなのは疲れてしまうので、

みんながみんなの休暇を快く思えるような環境を

普段から作っておきましょう。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる